ねずさんのひとりごと

原点に帰る
日本人はどうして太陽を赤丸で描くのか
道路行政と利権のお話
和とは結ぶこと。和の反対は「ほどく」こと
六十年の時を経て届いた手紙
紀元節を寿ぐ
玉井浅一司令と日本人の思考
牧野伸顕と日本的武士道
第34回 百人一首塾開催のお知らせ
一枚の写真に学ぶ日本人の姿勢
「学問のすゝめ」の全文と現代語訳
日本史検定講座の「公開講座」のお知らせ
おかあさんへの遺書
自分を捨てて日進月歩
大和言葉の「おとな」って何だろう
数詞(かぞへことば)の不思議
3つのDとPSCとは
七五読み古事記(4)なはみぎに まわりあえ
第59回 倭塾(公開講座)開催のお知らせ
とある惑星のお話
コンゴに学ぶこれからの日本
愛と青春の旅だち 松崎慊堂
スサノヲ渡来人説を斬る
日本を取り戻す12の言葉
堀秀政と結びの精神
第33回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ開催のお知らせ
他の国の国歌であっても演奏や斉唱のときは起立して不動の姿勢をとることが国際的作法
損得勘定とお富さん
めぐり逢ひて 見しやそれとも 分かぬ間に 雲隠れにし 夜半の月影 紫式部
田道間守と和菓子の歴史
七五調で読む古事記(3)成り成りて
和気清麻呂に学ぶ
真ん中に旗を立てる
21世紀の大改革とは
七五読み古事記(4)しほみつるたま
人の上下と師道を谷時中に学ぶ
停車場にて
第58回 新春倭塾開催のお知らせ(再掲)
七五調で読む古事記(2)もろもろの みことをもちて
出処進退のすべては、もっとも大きな大義(君臣の道)を根本とせよ・・・軍神杉本五郎中佐の手紙
マッカーサーを心服させた昭和天皇
昭和天皇行幸
天皇の四方拝
謹賀新年
歳末の御礼
第58回 新春倭塾開催のお知らせ
忘らるる 身をば思はず 誓ひてし 人の命の 惜しくもあるかな
七五調で読む古事記
川添シマの物語と満洲国
国民の知る権利を守る電子署名へのご協力のお願い